3月, 2014 のアーカイブ

キック・アス ジャスティス・フォーエバー (2013)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 2014/03/29 by Tak-One

ユナイテッドシネマとしまえんで観て来ました。
いやぁ…面白かった。

そんなに期待しないで観に行ったのですが想像以上に面白かった!
アメリカンなコメディが好きな人には堪らないですよ~ぉ。

Kick-Ass Justice Forever

勉強もスポーツも得意ではないさえない男、アーロン・テイラー=ジョンソン演じるデヴィッド・リゼウスキは秘密を持っていた。同級生の学校では大人しくてイケてない女子、クロエ・グレース・モリッツ演じるミンディ・マクレイディの秘密の鍛錬場所での鍛錬相手をしてるんだけど…。

(ちなみにアーロン・テイラー=ジョンソンはこの映画では冴えない感じだけど…実は滅茶苦茶カッコ良い男前です…)

Kick-Ass_Chloe Grace Moretz - 2

こんな感じなのにお付き合いもしていない…ってどういうこと?…という状態に…。

夜のストリートでは、ヴィッド・リゼウスキはキック・アスとして緑のコスチュームを…、ミンディ・マクレイディはヒット・ガールとして紫のコスチュームを纏い身近な悪をひとつひとつ潰していく…。

こんな秘密を2人で共有していたら高校生だったら…この秘密の鍛錬場所で徐々に距離が縮まって…ってなる…というより、男だったらそうしたいなぁ…なんていう妄想が働いてしまうのではないでしょうか…。(あ…脱線…)

Kick-Ass_Chloe Grace Moretz

最初の画像の普段着姿のシーンだけでも大ファンになってしまったのに…それに続いて出てくるこの紫のスーツがカッコ良い!
この映画でクロエ・グレース・モレッツの虜(大ファン…ということです…)になってしまった。

昔、「白い家の少女」を観てジョディ・フォスターのファンになった時にとても似ている感情が心に…。(笑)

クロエ・グレース・モレッツの出ているを映画館で観ていたのに気がつきました。ヒューゴの不思議な発明にも重要な役で出ていたのに…その時には…う~ん、かわいい女の子…とは思ったもののファンになる程の強い印象は残ってないんですよー。

Kick-Ass Justice Forever - 2

まだ、キック・アス (前作の方は)観てないので…今度観てみます!

キャリーのリメイクもクロエ・グレース・モレッツが主演。コレは観逃しているので…どこかで観ないと…。

この映画…好きだなぁ…というかクロエ・グレース・モレッツが好きだからこの映画が好きになったのかな。(笑)

広告

LIFE! (2013)

Posted in 映画館 with tags , , , , , on 2014/03/26 by Tak-One

ユナイテッドシネマとしまえんで観ました。
凄く良かった!
お薦めです。

image

ベン・スティラーが監督と主演をしてます。映画が好きなんだなぁ…というのがチョッとしたシーンから伝わってきます。
映画好きだと楽しさ10倍!…って感じではないでしょうか。

コメディでもなく、シリアスだけでもなく、程良くバランスのとれているヒューマン・ドラマでした。夢と希望は妄想の世界へ追いやり、惰性で人生を過ごしているような男の物語。

登録しているオンライン・マッチングのサービスがトラブルで上手く使えなくなり、母親の荷物を届けてくれるはずの妹は約束を果たせなくなり、働いている雑誌社は買収され次の号が最終号となり、その最終号用の重要な資料が見つからないトラブルに巻き込まれ…と散々な朝で1日が始まります。

『The Secret Life of Walter Mitty』というのが原題ですが『LIFE』という雑誌自体が日本では有名ではないので、雑誌名と人生(生き方)とを上手く日本での映画名は雑誌名と同じにならないようにエクスクラメーション(!)付きの『LIFE!』になったのでしょう。まあ、この名前はOKかな…という感じかな…。

物語はニューヨークで始まるもののイロイロな場所が出てきます。
そのいずれもがとてもキレイ。映画館の大きなスクリーンで観るのがお薦めです。

image

銀の匙 (2014)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , on 2014/03/18 by Tak-One

ユナイテッドシネマとしまえんで観ました。
こういう青春の物語好きだなぁ…。映画も欲張って詰め込むことをしていない感じで良かったです。

image

進学校に中学は通っていたものの、やる気も出ないし、勉強面でも追い付けない中学生。両親と離れて暮らしたい…という気持ちが強かったので全寮制の農業高校に進みます。

そこでの日々の生活、そして子供から青年へと精神的に成長していく様子が描かれていて…原作漫画も読んでみたいな、と思いました。

ところで、平日の昼でそれほど混まない上映は指定席じゃ無くなったんですね。定員以上に観客を詰め込むようなチケットの売り方をしなければ席は自由で問題ないです。

この映画、動物を屠殺するシーンもあります。でも、残酷という印象はありません。普段口にしている『肉』がどのようにして得られるのか…と頭で分かっているようだけど実感として感じることの少ない事を丁寧に解説してくれている感じで不快感は無いです。

恋愛モノ、暴力モノ、セックスモノ、殺人モノ、お涙頂戴モノ…のいずれにも属さない爽やかな少年の成長モノ…なのに観ていて退屈にならない素晴らしい映画。

お薦めです。

スノーピアサー (2013)

Posted in 映画館 with tags on 2014/03/18 by Tak-One

ユナイテッドシネマとしまえんで観ました。
ん~、お金をかけたあまり面白くないB級映画…ってところかな…。

image

外れ映画でした。ストーリーも平坦だし、画像もリアリティに欠けるし、登場人物達も個性的とは言えません。

設定に対して道具などの物資準備などで矛盾があるし…。
後半にもっとハッとする展開があるのかと思っていたら反乱が起きる前に予想していたパターンのひとつでガッカリ。
orz

唯一の救いはセキュリティ専門家の娘が可愛かったことかな…。
友達と映画を安く観れる時にノリで観るか、DVDをバックに流しながら飲む時なんかは良いかも…でも、お勧めはしないけど…。