花束みたいな恋をした (2021)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , on 2021/02/10 by Tak-One

なるほど…見終わってタイトルの意味する事が理解出来ました。

学生の2人が出合い学生生活を終える事で考える事、感じる事、目指す事が変化する様子が恋愛を通じて描かれています。

主演の有村架純と菅田将暉が学生から自ら稼いで生活する状態への変遷を演じています。

学生時代の恋が社会人になって続かないのはコノ映画のようなパターンもあるのかも…と感じました。

恋愛をしている人、これから恋愛をする人、恋愛はもうしないと考えている人、それぞれに感じる事が異なるのではないでしょうか…なかなかお勧めです。

大コメ騒動 (2021)

Posted in 映画館 with tags , , , , on 2021/01/31 by Tak-One

映画としても面白いし100年前に実際にあった騒動がどのようなものかを理解する為に観るのも良いと思います。

昭和になる前はご飯の用意は炭や木炭はたまた薪を使って土間で釜を使っていたのです。

国鉄(今のJR)に務めていた叔父の官舎(国鉄=国有鉄道)は恐らく明治か大正の時代に造られた古い家屋で土間のキッチンや家の外の小屋までスノコを伝って行くトイレと風呂があったことを思い出しました。

さて、この時代はまだ冷蔵庫が無い時代だったし日本はまだ貧しい時代でした。

農業や漁業でも機械前で多くの作業が人力で行われていた時代の海沿いの町の話です。

海外出兵を行う為の食料確保もあり米の値段が急騰した時の混乱を海沿いの町で暮らすそれほど豊かでは無い庶民の視点から描いています。

主人公の「いと」は同じ長屋に住む他の主婦とは違って字を読むことが出来て比較的高学歴です。

新聞や号外も近所の人は読む事が出来ない識字率が低かった時代でも周りと違うと言うことで肩身が狭い思いをするのは今と変わらないなぁ…と思いました。

ひとりひとりは弱い存在でも団結すると力を発揮できるので団結力をどのように発揮できるか大切で、その為にはそれ相応の覚悟や努力などが必要という事が良く分かります。

そして公正な報道や民主主義が大切だという事も説教臭く無く理解出来る映画でした。

とてもお勧めです!

どん底作家の人生に幸あれ! (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , on 2021/01/28 by Tak-One

いやぁ…面白い!

金持ち→貧乏→金持ち→貧乏…と目まぐるしく変遷する人生を生き抜いて行く話です。

いやぁ…出てくるキャラクター誰もが強烈な個性を持っていたり過去のいわくを持っていたり飽きることがありません。

ところどころでイギリスの階級社会の閉鎖性が垣間見えます。

日本でも似たようなことを耳にするのでどの国にもあることなのかな…とも思います。

原作の著者、チャールズ・ディケンズは「最後のひと葉」や「クリスマス・キャロル」など多くの有名な作品を生んだ作家です。

この作品も原作…面白そうなので読むことにしました。

主人公のメゲない前向きな性格と行動力…今の時代でも大切だな…と思いました。

お勧めです!

エマの秘密に恋したら (2019)

Posted in 映画館 with tags , , on 2021/01/28 by Tak-One

大人のラブコメディ…こういうの大好き!

エマが乗った飛行機が乱気流に巻き込まれて思わず生活の不満などを隣の見知らぬ乗客にはなしたら実はその男性は勤務先が同じ会社でしかも…という時代を問わない設定です。

もちろん現代の話しなのでスマートフォンで連絡をとったりもしますが、携帯電話が無い時代設定でも成り立つ感じの展開でした。

でもそのベタな感じが観ていて安心して楽しめます。

メグ・ライアンがすごく売れる前に出ていたラブコメディのような感じが少ししました。

一緒に観に行く相手が居るなら気軽に足を運べる映画です。

お勧め!

朝が来る (2020)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , on 2020/11/03 by Tak-One

殺人も盗難も起こらないけどミステリー感のあるヒューマンドラマでした。

辻村深月の原作、河瀬直美の脚本・監督で、不妊治療の後に養子縁組を通じて新たな家族を得るというところから物語が始まります。

複数の登場人物からの視点で構成される物語は時系列に沿った展開ではありません。

脚本と監督の腕が未熟だと意味不明になるような展開ですが河瀬直美の手にかかると俳優の表情や背景などの映像を通じて不思議とアッサリ理解できます。

それでいて冗長な感じは無いのが好感が持てました。

家族とは何か、恋愛とは何かと言うことをさらりと伝えてくれる心温まる映画でした。

幸せへのまわり道 (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , on 2020/10/27 by Tak-One

じんわりと心に響くような映画です。

実在するテレビ番組の語り手とジャーナリストの実際に起こった事を元にした映画です。

学校に通う前の子供(未就学児)向けの番組を30年以上に渡って作り出演していたフレッド・ロジャース(Fred Rogers ) という実在した人物と関わりになるジャーナリストの視点で物語が進みます。

問題を抱えているジャーナリストはフレッド・ロジャースの取材を通じて誠実に物事に対して接し全ての関わる人と優しさと思いやりを持ってコミュニケーションを行う姿勢に影響を受けます。

その様子が丁寧に映画化されていて見終わると気持ちが洗われたような気分になりました。

気分を落ち着けたい時やイライラしている時に観ると良いかもしれないと思いました。

TENET (2020)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , , , , , on 2020/10/26 by Tak-One

映画館で2回目です。

前半のシーンの感じ方に変化がありました。

ロバート・パティンソンが演じるニールとジョン・デヴィッド・ワシントンが演じる名前の一切出てこない主人公との距離感が初めて観た時には違和感があったのも今回は納得。

クリストファー・ノーラン監督はこのストーリーと映像的な場面を思い付き実際に映画として完成させたのは凄い!

観るとスカッとする映画です!

大画面での鑑賞がお勧めです!

映像研には手を出すな! (2020)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , on 2020/10/25 by Tak-One

原作が大好きで何回も繰り返し読んでます。

何回読んでも面白い!…原作…

万人向けの作品とは言えないのでは…と思っていたのですがTVアニメになり、この映画版はまさかの実写版!

美形の3人のキャストをポスターなどで見て…どうかな?…と思ってたのですが、それぞれのキャラクターの原作に描かれている動きを思っていたよりも再現した演技は楽しめました。

まぁ…予算が少なくても映像的にイマイチなシーンやこういう構図はお金がかかるし上手く撮影するのが難しいんだよなぁ…というシーンに無謀(?)にもチャレンジしていたりするのが気になりましたけど…まぁ良いか…という映画でした。

そういえば(↑)こんな公式ガイドも買ってしまいました。

この実写版のガイド本じゃないですけどね…(笑)

原作のファンなら観るのがお勧めです!

ようこそ映画音響の世界へ (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , on 2020/09/24 by Tak-One

スターウォーズ、地獄の黙示録、トイ・ストーリー、ロスト・イン・トランスレーション、プライベート・ライアン、イレイザー・ヘッド、スター誕生…など多くの映画がチャレンジしてきた音響の世界についての映画です。

どのエピソードも魅力的です。

フランシス・コッポラ、ジョージ・ルーカス、スティーブン・スピルバーグが共同で会社を設立し、その後それぞれが映画音響を大きく変化させて現代(2020年)では当たり前のサラウンドに繋がるというエピソードには痺れ涙が滲んでしまいました。

因みにフランシス・コッポラはゴッドファーザーや地獄の黙示録、ジョージ・ルーカスはスター・ウォーズやインディ・ジョーンズ、スティーブン・スピルバーグはジョーズやETなどで知られている監督です。

映画がサイレント(無音)の時代からモノラル、ステレオ、サラウンドと変遷してくる過程を短時間で丁寧に理解できます。

先週末は昼過ぎに映画館に行ったら当日上映分は全席売り切れ、この週末はすぐ後の回は売切れでしたがその後の回の上映で席が確保出来ました。

なかなか人気のある映画だと思います。

映画に興味がある人なら楽しめると思います。

とてもお勧めです!

メイキング・オブ・モータウン (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , on 2020/09/23 by Tak-One

ダイアナ・ロス、ジャクソン5、スティービー・ワンダー、スモーキー・ロビンソンと名前やグループ名を挙げるとキリがない所属アーティストで有名なモータウンというレコード会社の物語です。

会社を立ち上げる前の話、立ち上げてからの話などが会社設立者のベリー・ゴーディやスモーキー・ロビンソン、スティービー・ワンダー、マーヴィン・ゲイなど多くの直接関係のあったミュージシャンなどが語り手となりモータウンとはどんな場だったのかが露わになります。

想像していたよりも小さな組織と建物で数々のヒットソングが生まれた事に驚きました。

音楽が好きな人、特に洋楽ファンは観ていて楽しめると思います。

ジャクソン5のオーディション映像でのマイケル・ジャクソンの歌唱力には驚愕です。

ダンスもデビュー前から凄い!

お勧めです!

TENET (2020)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , on 2020/09/21 by Tak-One

クリストファー・ノーランの意欲的なオリジナル・ストーリーで制作されたSF映画です。

インセプションでは他の人の思考に潜入すると言う概念、TENET では時間の正常な進行方向に対して時間が逆行する概念を取り上げています。

ストーリーに上手くアクションが絡み合っていて大画面&大音響で観ると一層楽しめる作品だと思います。

歴史物の ダンケルク も大画面&大音響だと楽しめる作品ですから クリストファー・ノーラン は映画館で観ることの価値を作品で上手に表現出来る監督だと思います。

さて、ストーリーは時間に逆行出来る、つまり過去に戻ることが出来る事を扱っているので最後まで観て、最初の方のあのシーンの背景はこうだったのか…と分かる事も多いです。

SF作品、特にタイムトラベル物に慣れていれば1回観てストーリーを理解出来ると思います。

慣れていない方だと複数回観ないと意味不明な映画かもしれません。

とても気に入りました…DVD等が発売されたら購入決定です!

大画面で大音響で鑑賞できる映画館で観るのがお勧めです!

青くて痛くて脆い (2020)

Posted in 映画館 with tags , , on 2020/09/07 by Tak-One

111年にヒットした「君の肝臓を食べたい」と同じ原作者の映画です。

この映画には純粋に自分の考えと感情で動いている人と他人の行動を自分なりに解釈して行動する人との間での意識のスレ違いについて描かれていました。

誰しもが経験する事だとは思いますが、この映画では多くの人が実際に経験するよりは大きな事態に巻き込まれるというか自分から突っ込んで行くというか…。

社会に出る前の大学生という設定がピッタリです。

予告編の映像で騙されていたので途中から「アレレ思ってたのとは違うぞ…」という展開になりました。

イタい奴が登場するだけの映画と思う人もいるかもしれませんが誰の心にも潜んでいるヤバい部分を露わにしたような映画でした。

観ていて楽しいタイプの映画では無いですが若さとは…、人の心とは…という事に思いを巡らせた事のある人にお勧めの映画です。

弱虫ペダル (2020)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , on 2020/09/03 by Tak-One

楽しめました!

コミックを読んでいる人だと進行がとか、エピソードが飛ばされてるとか思うかもしれません。

映画として続編を観なくても話しが完結するように上手くまとまっていたと思ってます。

細かいエピソードの全部を盛り込んでいたのでは映画として成立しません。

原作の「弱虫ペダル」から上手に映画用のシナリオが作られていると感じました。

原作を読んだ人にも読んでない人にもお勧めです!

ジェクシー! スマホを変えただけなのに (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , , , on 2020/08/30 by Tak-One

同じ設定と展開でもホラー映画にも出来るけど大人向けのコメディになってました。

観に行った事を話したら「観に行きたい!」と言われて再度映画館に足を運んだので2回観ました。

2回観ても楽しい!

ただ2回目に一緒に行った時に「なんで通勤が歩いて行ったり車だったりするの?」と聞かれアメリカでは普通に知られている事が日本ではそれ程知られていないんだな…と思いました。

アメリカのサンフランシスコが舞台ですが坂の街サンフランシスコの市内では契約駐車場も路上である事があります。

路上の駐車場の場合には住んでいる所から少し歩く必要がある事もあります。

テック企業勤務なので勤務先は電車の便の悪いシリコンバレーという設定という前提なんだと思いますがアメリカのサンフランシスコに関する背景が全く説明無いままに物語が始まります。

携帯電話(スマートフォン)に搭載されている人工知能がもし…という話しですが良くあるホラーでは無くてコメディ…しかも大人向けのコメディになっているのが新鮮でした。

アップル、アマゾン、マイクロソフトの音声認識ソフトや政治家等についての映画に出てくる人工知能のジェクシーのトーク(?)が楽しいです。

大人のカップルで観に行くと楽しめる映画たと思います。

サーホー (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , on 2020/08/29 by Tak-One

インドのアクションも派手でハチャメチャな映画です。

バーフバリシリーズ主演のブラバース(本名:Venkata Satyanarayana Prabhas Raju Uppalapati)が主演でした。

ストーリーは一応ありますがキャラクターの性格の一貫性や時間軸、登場人物の認識していると思われる事項の不整合など気になる人には気になるポイントも多い映画です。

おおらかな心でアクションやダンスの移り変わる映像を楽しめる人向けの映画です。

途中でテンポが遅くて眠くなることはない映画です。

インド映画としては短めで3時間弱の上映時間…インドのエンターテイメントを楽しめました。