ようこそ映画音響の世界へ (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , on 2020/09/24 by Tak-One

スターウォーズ、地獄の黙示録、トイ・ストーリー、ロスト・イン・トランスレーション、プライベート・ライアン、イレイザー・ヘッド、スター誕生…など多くの映画がチャレンジしてきた音響の世界についての映画です。

どのエピソードも魅力的です。

フランシス・コッポラ、ジョージ・ルーカス、スティーブン・スピルバーグが共同で会社を設立し、その後それぞれが映画音響を大きく変化させて現代(2020年)では当たり前のサラウンドに繋がるというエピソードには痺れ涙が滲んでしまいました。

因みにフランシス・コッポラはゴッドファーザーや地獄の黙示録、ジョージ・ルーカスはスター・ウォーズやインディ・ジョーンズ、スティーブン・スピルバーグはジョーズやETなどで知られている監督です。

映画がサイレント(無音)の時代からモノラル、ステレオ、サラウンドと変遷してくる過程を短時間で丁寧に理解できます。

先週末は昼過ぎに映画館に行ったら当日上映分は全席売り切れ、この週末はすぐ後の回は売切れでしたがその後の回の上映で席が確保出来ました。

なかなか人気のある映画だと思います。

映画に興味がある人なら楽しめると思います。

とてもお勧めです!

メイキング・オブ・モータウン (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , on 2020/09/23 by Tak-One

ダイアナ・ロス、ジャクソン5、スティービー・ワンダー、スモーキー・ロビンソンと名前やグループ名を挙げるとキリがない所属アーティストで有名なモータウンというレコード会社の物語です。

会社を立ち上げる前の話、立ち上げてからの話などが会社設立者のベリー・ゴーディやスモーキー・ロビンソン、スティービー・ワンダー、マーヴィン・ゲイなど多くの直接関係のあったミュージシャンなどが語り手となりモータウンとはどんな場だったのかが露わになります。

想像していたよりも小さな組織と建物で数々のヒットソングが生まれた事に驚きました。

音楽が好きな人、特に洋楽ファンは観ていて楽しめると思います。

ジャクソン5のオーディション映像でのマイケル・ジャクソンの歌唱力には驚愕です。

ダンスもデビュー前から凄い!

お勧めです!

TENET (2020)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , on 2020/09/21 by Tak-One

クリストファー・ノーランの意欲的なオリジナル・ストーリーで制作されたSF映画です。

インセプションでは他の人の思考に潜入すると言う概念、TENET では時間の正常な進行方向に対して時間が逆行する概念を取り上げています。

ストーリーに上手くアクションが絡み合っていて大画面&大音響で観ると一層楽しめる作品だと思います。

歴史物の ダンケルク も大画面&大音響だと楽しめる作品ですから クリストファー・ノーラン は映画館で観ることの価値を作品で上手に表現出来る監督だと思います。

さて、ストーリーは時間に逆行出来る、つまり過去に戻ることが出来る事を扱っているので最後まで観て、最初の方のあのシーンの背景はこうだったのか…と分かる事も多いです。

SF作品、特にタイムトラベル物に慣れていれば1回観てストーリーを理解出来ると思います。

慣れていない方だと複数回観ないと意味不明な映画かもしれません。

とても気に入りました…DVD等が発売されたら購入決定です!

大画面で大音響で鑑賞できる映画館で観るのがお勧めです!

青くて痛くて脆い (2020)

Posted in 映画館 with tags , , on 2020/09/07 by Tak-One

111年にヒットした「君の肝臓を食べたい」と同じ原作者の映画です。

この映画には純粋に自分の考えと感情で動いている人と他人の行動を自分なりに解釈して行動する人との間での意識のスレ違いについて描かれていました。

誰しもが経験する事だとは思いますが、この映画では多くの人が実際に経験するよりは大きな事態に巻き込まれるというか自分から突っ込んで行くというか…。

社会に出る前の大学生という設定がピッタリです。

予告編の映像で騙されていたので途中から「アレレ思ってたのとは違うぞ…」という展開になりました。

イタい奴が登場するだけの映画と思う人もいるかもしれませんが誰の心にも潜んでいるヤバい部分を露わにしたような映画でした。

観ていて楽しいタイプの映画では無いですが若さとは…、人の心とは…という事に思いを巡らせた事のある人にお勧めの映画です。

弱虫ペダル (2020)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , on 2020/09/03 by Tak-One

楽しめました!

コミックを読んでいる人だと進行がとか、エピソードが飛ばされてるとか思うかもしれません。

映画として続編を観なくても話しが完結するように上手くまとまっていたと思ってます。

細かいエピソードの全部を盛り込んでいたのでは映画として成立しません。

原作の「弱虫ペダル」から上手に映画用のシナリオが作られていると感じました。

原作を読んだ人にも読んでない人にもお勧めです!

ジェクシー! スマホを変えただけなのに (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , , , on 2020/08/30 by Tak-One

同じ設定と展開でもホラー映画にも出来るけど大人向けのコメディになってました。

観に行った事を話したら「観に行きたい!」と言われて再度映画館に足を運んだので2回観ました。

2回観ても楽しい!

ただ2回目に一緒に行った時に「なんで通勤が歩いて行ったり車だったりするの?」と聞かれアメリカでは普通に知られている事が日本ではそれ程知られていないんだな…と思いました。

アメリカのサンフランシスコが舞台ですが坂の街サンフランシスコの市内では契約駐車場も路上である事があります。

路上の駐車場の場合には住んでいる所から少し歩く必要がある事もあります。

テック企業勤務なので勤務先は電車の便の悪いシリコンバレーという設定という前提なんだと思いますがアメリカのサンフランシスコに関する背景が全く説明無いままに物語が始まります。

携帯電話(スマートフォン)に搭載されている人工知能がもし…という話しですが良くあるホラーでは無くてコメディ…しかも大人向けのコメディになっているのが新鮮でした。

アップル、アマゾン、マイクロソフトの音声認識ソフトや政治家等についての映画に出てくる人工知能のジェクシーのトーク(?)が楽しいです。

大人のカップルで観に行くと楽しめる映画たと思います。

サーホー (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , on 2020/08/29 by Tak-One

インドのアクションも派手でハチャメチャな映画です。

バーフバリシリーズ主演のブラバース(本名:Venkata Satyanarayana Prabhas Raju Uppalapati)が主演でした。

ストーリーは一応ありますがキャラクターの性格の一貫性や時間軸、登場人物の認識していると思われる事項の不整合など気になる人には気になるポイントも多い映画です。

おおらかな心でアクションやダンスの移り変わる映像を楽しめる人向けの映画です。

途中でテンポが遅くて眠くなることはない映画です。

インド映画としては短めで3時間弱の上映時間…インドのエンターテイメントを楽しめました。

ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち (2017)

Posted in 映画館 with tags , , , , , on 2020/08/29 by Tak-One

音楽に対する強い情熱と愛情を感じる事の出来る映画でした!

使われている音楽も素晴らしい!

出演する方々の発言も素晴らしい!

編集に於いても音楽とミュージシャンに対する愛情が感じられて素晴らしい作品になってました。

耳に馴染みのあるギターやドラムのサウンド…そしてアメリカの歌謡シーンで良く耳にする歌唱法のルーツはココだったのか…と知らなかった情報が多かったです。

ロックが好きな人、ポップミュージックが好きな人は観ていて魅了される映画だと思います。

お勧め!

インセプション IMAX (2010)

Posted in 映画館 with tags , , on 2020/08/27 by Tak-One

IMAX でインセプションが上映されていたので観てきました。

大画面で観るのがお勧めの映画です。

中盤での街がめくれ上がるシーンは IMAX で観ると迫力が違います。

動画サービスや DVD で何回も観ていた映画ですが大きな画面と暗い空間、つまり映画館だと画面の持つ迫力とストーリーの多重的な難解さが上手くハマってより深く楽しめました。

映画館で観る方が映画体験として楽しめます。

是非映画館で上映している間に足を運ぶ事をお勧めします。

風の谷のナウシカ (1984)

Posted in 映画館 with tags , , on 2020/08/18 by Tak-One

新型コロナウイルス感染症が映画館の営業にも影響し、その結果過去のジブリ作品が上映されています。

大スクリーンで観たかった「風の谷のナウシカ」を選びました。

何度も観たことがある作品ですが今回も何度も涙が出てしまいました。

今回大画面で観て画面の仕上げが粗いシーンやナウシカの顔についての描画かイマイチなシーンなど気が付いた事も多いです。

当時は今程の予算も人員もジブリには居なかったけれど当時出来うる限りの努力をしたんだろうな…などと考えてしまいました。

何回観ても良い映画です。

映画館で上映されている間に是非観に行ってください。

お金を払って映画館で観賞する価値がある映画です。

コンフィデンスマンJP プリンセス編 (2020)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , on 2020/08/17 by Tak-One

前作よりもセンチメンタルになったかな…。

編集がひと昔の日本映画…という印象を受けました。

この脚本なら前作のように切れのよい編集をするともっと短い映画になってしまうからでしょうか…

ちょいちょい出てくるゲストが面白かったです。

お気に入りは大阪のオバちゃんです!

映画館まで足を運ばないでテレビ放映を待っても良いかもしれません。

三浦春馬の演技は良かったですよ…

パブリック図書館の奇跡 (2018)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , , , , , on 2020/08/01 by Tak-One

エミリオ・エステベスが作製・監督・脚本・主演の映画です。心温まる…そしていろんなことを同時に考えさせられる良い映画でした。

寒波が訪れた米国オハイオ州シンシナティにある公共の図書館が舞台です。

ホームレス用のシェルター(夜間1泊の宿泊を無料で提供する施設)が不足する中でホームレスが図書館に立て籠もる事態になります。

巻き込まれた2人の図書館員、テレビ・レポーター、図書館員の知合い、駆け付けた警察官などがそれぞれの立場で事態に立ち向かう様子が描かれます。

無駄なシーンやセリフが無くテンポ良く話しが進んで行きます。

ひとりでもパートナーと観ても楽しめるお勧めの映画です。

AKIRA IMAX (2020)

Posted in 映画館 with tags , , on 2020/06/12 by Tak-One

IMAX版になり画像も音も格段に良くなってます。

DVD で何回も観ていますが、やはり大スクリーンは良いですね。

スクリーンサイズが IMAX まで大きくなっても粗が無い丁寧な造りです。

既に観たことがある人にも、まだ見たことの無い人にもお勧めです。

チャーリーズ・エンジェル (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , on 2020/02/24 by Tak-One

気楽に楽しめる娯楽アクション映画です。

最初はアメリカだけであったチャーリーズ・エンジェルの組織はアメリカ以外の国でも活躍し新たなエンジェルを育てる為に適正のある人物をスカウト活動する事を行う多国籍組織へと成長しています。

性格の違いや育ちの違いでそれぞれのエンジェルが個性豊かなのも分かりやすいです。

天然系のエンジェルがなんだか笑えたりとオリジナルよりもコミカルな所もあるし大画面だとより楽しめる映画となってます。

オリジナルのシリーズを観ていた方には懐かしいシーンも満載だし新たにチャーリーズ・エンジェルを観る方でも予備知識無しでも分かる映画となってました。

上映時間もむやみにストーリーを複雑にして長くなったりもしてないので気軽に映画を観るのにちょうど良いです。

男性も女性も昔のシリーズを知っている人も知らない人もが楽しめる娯楽アクション映画でした。

映画館での鑑賞がお勧めです。

フォード vs フェラーリ (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , on 2020/01/16 by Tak-One

フォードGT40の開発とフェラーリとのル・マン24時間耐久レースでの対決を通じてのキャロル・シェルビーどケン・マイルズの友情に感動しました!

流れ作業で車を造るという方法を発明して製造コストを画期的に低下させて自動車の普及に大きく貢献したフォードが手作業で1台づつ車を作り上げていくフェラーリとフランスのル・マンで行われるレースで競うために開発したレースカーがGT40です。

フォードGT40は子供の頃からの憧れの車です。当時は日本ではあまり情報が多く無かったので幻の車というイメージがありました。

というのも同じ時代に日産スカイラインがポルシェと富士スピードウェイで対決した事が日本では多く語られていて車雑誌などではフォードとフェラーリの勝負はあまり大きく取り扱われていませんでした。

他にもこの映画でル・マン24時間レースが1960年代中盤にアメリカで生中継されていた事を知り衝撃を受けました。

1980年代になってホンダがF1に参戦するまで海外のレースが生中継されるのを目にしたことがありません。

映画はキャロル・シェルビー(マット・デイモン)がル・マンで優勝する場面から始まりますが体調面からシェルビーは自分造ったコブラという車の販売に専念する事になります。

フォードはル・マンに参戦する事を決意し車の開発者としてキャロル・シェルビーを採用しキャロル・シェルビーは開発ドライバー兼レースドライバーとしてケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)を指名する辺りから本格的に物語が展開していきます。

ドキュメンタリーでは無いので各セリフが本当に話されたのとは異なっていたり各エピソードの詳細については創作されている可能性もありますが本当に当時のモータースポーツの世界で繰り広げられた出来事がこうして映画として纏められているのがとても嬉しいです。

車の疾走感も素晴らしいですし走る車を操るドライバーと周囲の人々のヒューマンドラマとしても心に滲みました。

お勧めの映画です。

是非映画館での鑑賞を楽しんでください。