パブリック図書館の奇跡 (2018)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , , , , , on 2020/08/01 by Tak-One

エミリオ・エステベスが作製・監督・脚本・主演の映画です。心温まる…そしていろんなことを同時に考えさせられる良い映画でした。

寒波が訪れた米国オハイオ州シンシナティにある公共の図書館が舞台です。

ホームレス用のシェルター(夜間1泊の宿泊を無料で提供する施設)が不足する中でホームレスが図書館に立て籠もる事態になります。

巻き込まれた2人の図書館員、テレビ・レポーター、図書館員の知合い、駆け付けた警察官などがそれぞれの立場で事態に立ち向かう様子が描かれます。

無駄なシーンやセリフが無くテンポ良く話しが進んで行きます。

ひとりでもパートナーと観ても楽しめるお勧めの映画です。

AKIRA IMAX (2020)

Posted in 映画館 with tags , , on 2020/06/12 by Tak-One

IMAX版になり画像も音も格段に良くなってます。

DVD で何回も観ていますが、やはり大スクリーンは良いですね。

スクリーンサイズが IMAX まで大きくなっても粗が無い丁寧な造りです。

既に観たことがある人にも、まだ見たことの無い人にもお勧めです。

チャーリーズ・エンジェル (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , on 2020/02/24 by Tak-One

気楽に楽しめる娯楽アクション映画です。

最初はアメリカだけであったチャーリーズ・エンジェルの組織はアメリカ以外の国でも活躍し新たなエンジェルを育てる為に適正のある人物をスカウト活動する事を行う多国籍組織へと成長しています。

性格の違いや育ちの違いでそれぞれのエンジェルが個性豊かなのも分かりやすいです。

天然系のエンジェルがなんだか笑えたりとオリジナルよりもコミカルな所もあるし大画面だとより楽しめる映画となってます。

オリジナルのシリーズを観ていた方には懐かしいシーンも満載だし新たにチャーリーズ・エンジェルを観る方でも予備知識無しでも分かる映画となってました。

上映時間もむやみにストーリーを複雑にして長くなったりもしてないので気軽に映画を観るのにちょうど良いです。

男性も女性も昔のシリーズを知っている人も知らない人もが楽しめる娯楽アクション映画でした。

映画館での鑑賞がお勧めです。

フォード vs フェラーリ (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , on 2020/01/16 by Tak-One

フォードGT40の開発とフェラーリとのル・マン24時間耐久レースでの対決を通じてのキャロル・シェルビーどケン・マイルズの友情に感動しました!

流れ作業で車を造るという方法を発明して製造コストを画期的に低下させて自動車の普及に大きく貢献したフォードが手作業で1台づつ車を作り上げていくフェラーリとフランスのル・マンで行われるレースで競うために開発したレースカーがGT40です。

フォードGT40は子供の頃からの憧れの車です。当時は日本ではあまり情報が多く無かったので幻の車というイメージがありました。

というのも同じ時代に日産スカイラインがポルシェと富士スピードウェイで対決した事が日本では多く語られていて車雑誌などではフォードとフェラーリの勝負はあまり大きく取り扱われていませんでした。

他にもこの映画でル・マン24時間レースが1960年代中盤にアメリカで生中継されていた事を知り衝撃を受けました。

1980年代になってホンダがF1に参戦するまで海外のレースが生中継されるのを目にしたことがありません。

映画はキャロル・シェルビー(マット・デイモン)がル・マンで優勝する場面から始まりますが体調面からシェルビーは自分造ったコブラという車の販売に専念する事になります。

フォードはル・マンに参戦する事を決意し車の開発者としてキャロル・シェルビーを採用しキャロル・シェルビーは開発ドライバー兼レースドライバーとしてケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)を指名する辺りから本格的に物語が展開していきます。

ドキュメンタリーでは無いので各セリフが本当に話されたのとは異なっていたり各エピソードの詳細については創作されている可能性もありますが本当に当時のモータースポーツの世界で繰り広げられた出来事がこうして映画として纏められているのがとても嬉しいです。

車の疾走感も素晴らしいですし走る車を操るドライバーと周囲の人々のヒューマンドラマとしても心に滲みました。

お勧めの映画です。

是非映画館での鑑賞を楽しんでください。

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け 3D IMAX (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , , , , , on 2020/01/13 by Tak-One

観るなら 3D IMAX がお勧めです!

3D が苦手なら IMAX よりも普通の通常スクリーン上映がお勧めです。

2D の IMAX は映画の画像が IMAX と相性が良くないのか最適化が上手く行かなかったのか小道具や背景のリアル感があまり無かったように感じました。

だから今回の 3D IMAX での鑑賞も期待して無かったのですが気になっていたシーンも 3D IMAX では自然に見えたし同じシーンでも今まで気づかなかった部分まで鮮明に見えてとても良い印象でした。

何回観ても楽しめるし細かい部分で気が付かなかったドラマが裏で展開されていることを新たに発見できます。

今回もほぼ満員でしたがエンドロールが終わって場内が明るくなるまで席を立つ人が数える程しかいませんでした。

映画の余韻に浸りエンドロールの音楽を退屈せずに最後まで楽しめる数少ない映画です。

THE UPSIDE 最強のふたり (2017)

Posted in 映画館 with tags , , , , on 2020/01/02 by Tak-One

シンプルに楽しめました。

元々のオリジナル映画であるフランス版のしっとり感を薄くしてカラリと乾燥した雰囲気なのはアメリカ映画だからなのでしょうか。

どちらも好きです。

映画内で使っている音楽はこのアメリカ版の方が好きだな…。

始まって30分程した頃にも遅れて入ってきた人が居たけどチャンと理解できたのかなぁ。

家で観ても映画館で観ても楽しめる映画だと思います。

でも食事しながら観るのは一部のシーンの事を考えるとお勧めできないなぁ。

男はつらいよ お帰り 寅さん (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , on 2019/12/29 by Tak-One

コレもひとつの時代が終って次の世代へと移るのだなぁ…という感じでした。

「寅さん」を映画館で観たのは初めてです。

今までシリーズを観ていた人には印象深いのでしょう。

それ程これまでのシリーズを観てませんかがウルッとするシーンがいくつかありました。

寅さんファンなら必見ですね!

あと…後藤久美子は今も美しかったです。

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , , on 2019/12/29 by Tak-One

2回目も観終わると…終わってしまった…という想いに浸りながらエンドロールを眺めることになりました。

今回は間違えないで字幕版で観ました。

今回は間延びした編集だな…という印象はありませんでした。

もしかしたら吹替え版では日本語とシーンの切替など編集のテンポが上手く合ってなかったのかもしれません。

IMAXでは無い通常上映でした。

やっぱりライティングかカメラアングルか分かりませんが不自然に感じる部分はありました。

ただIMAXほどの鮮明さが無いせいかそう感じたシーンは少なかったです。

エンドロールで席を立って出ていく人が殆ど居なかったのが印象的でした。

皆さんも私同様に…あぁ終わっちゃったんだなぁ…という想いに駆られていたのでしょうか…

こんなのツイツイ買っちゃいました…。

中のメンバーはこんな感じ…

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け IMAX (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , , , , , , on 2019/12/20 by Tak-One

終わった…。

封切りの日に観ました。

勘違いしてしまい日本語吹替え版で観ました。

DVDでも何回も過去の作品を観てますが日本語で観るのは今回が初めてです。

物語を終わらせようとしたストーリー展開にはドキドキして次のシーンが楽しみ…というスピード感が欠けてました。

そしてストーリー展開がご都合主義っぽくて展開が唐突な感じがします。

あ…アクションシーンは見応えがあって楽しめます。

IMAX(2D)で観たのですが小道具・大道具の両方共が今までのシリーズと比べると安っぽく見えたのはライティングとカメラワークによるもののような気がします。

壁・小道具や肌の質感、異星人の雰囲気が今までのシリーズとは違っていたように思います。

最初に観た時から年もとっているからそう思うのでしょうか…。

観終わって出てきた所の大きな壁一面のポスターを見たときに…あぁ終わっちゃったんだなぁ…と感じました。

入る時に何をくれたのかな…と帰宅してから見たらポストカードが2枚入ってました。

ファンなら見逃せない映画です!

アド・アストラ (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , on 2019/11/23 by Tak-One

とてもリアルに近未来が丁寧に描かれているけど盛り上がりに欠けるストーリー展開でした。

火星まで行けるようにはなっているけど、まだまだ一般人が気軽に行ける程ではない未来の話しで、父親が惑星探査に出たきり行方不明になり主人公は父と同じ宇宙飛行士という設定です。

その主人公をブラッド・ビットが、父親をトミー・リー・ジョーンズを演じています。

映画の内容とは関係ないですがアメリカ版のポスターの方がカッコ良いですね…。

少し先の未来に実現するであろう宇宙への旅に興味がある人なら映像を楽しむことが出来るでしょう。

ターミネーター ニュー・フェイト (2019)

Posted in 映画館 with tags on 2019/11/18 by Tak-One

楽しめる!

1984年の「ターミネーター」、1991年の「ターミネーター2」に続くストーリー展開になってます。

「ターミネーター3」以降の今までのターミネーター・シリーズを観て感じていたモヤモヤ気分はありません。

でも人類の未来に起こる「ジャッジメント・デー」が回避されたからといって危機が去った訳ではないのでした。

今回の「ターミネーター ニュー・フェイト」から数年後に人類に危機が訪れるという事が観ていると分かってきます。

今までのシリーズを観てきた人でも、ターミネーターは全く観たことの無い人でも楽しめる映画でお勧めです!

イエスタデイ (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , on 2019/11/03 by Tak-One

素晴らしい!

音楽とストーリーが融合しているので観ていて楽しいです。

ミュージシャンとして活動してるけど売れる気配ない主人公はビートルズ及びその楽曲を周りの人達が全く知らない状況に遭遇します。

試しにビートルズの曲をギターの弾き語りで歌ってみると…と物語が進んで行きます。

映画の中での音楽演奏も良かったし、何よりクリエイターとして作曲家・作詞家へのリスペクトが感じられるのに共感しました。

自分で創作活動をしている人であれば誰しもが考える「天才の作品を自作として認めてもらえれば成功出来る」という思いと「あの天才の作品は自分では創り上げられない素晴らしさがある」という思い、そして尊敬・敬愛する音楽家への思いが輻輳していくのが伝わってきました。

音楽に興味が無い人も楽しめるし、音楽が好きな人はメチャクチャ楽しめます!

オススメ!

Help!…最高!

トイストーリー4 (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , on 2019/08/28 by Tak-One

映画の冒頭・最後に出て来る電気スタンドが跳ね回る映像のモチーフである電気スタンドがゴムボールと戯れる映像…最初に観た時には衝撃を受けました。

トイストーリーは最初の作品から観てます。

新しい作品ほど人間の表情や動きの描写がリアルになり背景も細かく描かれるようになってきていました。

気が付きやすいのは風に揺れる木や木の葉や水がリアルになったところでしょう。

他にもあらゆる部分でCGが進化しています。

CGが素晴らしいだけでなくストーリーも良く練られてるし各キャラクターの性格も上手く描けているので何回観ても飽きない映画となっているのだと思います。

今作「トイストーリー4」もアクション、恋愛、友情など色々要素が上手く組み合わせられていて途中でテンポがスローダウンすることもないです。

それにシリーズ前作品を全く観てなくても楽しめる映画です。

いくつかのオモチャのキャラクター(性格)が前と変わってしまった気もするのですが「トイストーリー4」だけを観るなら全く気にならないでしょう。

ところで日本版のポスターよりもアメリカ版のポスターの方が映画への期待感を高めるように感じました。

大画面で細かな所までをジックリ観るのも良いし、自宅でコレまでのシリーズ作と連続して観るのも楽しい映画です。

天気の子 (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , on 2019/08/18 by Tak-One

大ヒット作「君の名は。」に続く作品なので期待して観に行きました。

空がキレイです。

ストーリーは王道な感じで分かりやすいです。

近くに座っていたカップルの女性は超常的な感覚が分からなかったらしく途中から全く理解が出来なかったようです。

リアルな恋愛物語以外は受け付けないという方向けではないですね。

SFや普段の生活では出て来ないような事にも寛容であったり、本を良く読む方、色々な映画を見る方には楽しいのではないでしょうか。

大画面で観るのがお勧めです。

ワイルド・スピード スーパーコンボ (2019)

Posted in 映画館 with tags , , , , on 2019/08/10 by Tak-One

夜12時過ぎて終わる上映でしたが結構席が埋まってました。

最初の「ワイルド・スピード」とは全く異なるシリーズになってきているようです。

日本のポスターでは「ワイルド・スピード」も目立つデザインであくまで映画がシリーズ作品である事を主張してます。

アメリカのポスターを見ると「Hobbs & Shaw」という文字が大きく「Fast and Furious」(英語でのシリーズ名称)の字は注意して見ないと気が付かない程度のデザインです。

どうやら元々のシリーズからスピンオフして新たなシリーズとして「ホブス&ショオ」を始めるつもりではないでしょうか。

前作も車マニアが…という面は全く無くて内容的には既にシリーズ作とは言い難い部分があったので分離させる方向なのでしょう。

もしかしたら次からは「ワイルド・スピード」のシリーズでは無くなるかもしれません。

シリーズの映画として考えると納得いかない部分はあります。

独立したアクション映画として考えると面白いです。

設定やストーリーはキングスマンに似てます。

そんな事は後で気がつく事で観ている間は飽きる事なく楽しめます。

大画面の映画館で観るのがお勧めです。