吉田修一 のアーカイブ

さよなら渓谷 (2013)

Posted in 映画館 with tags , , , , , , , , , on 2013/07/08 by Tak-One

期待して観に行っていたからでしょうか?
構成やカメラワークにガッカリしてしまいました。

image

思わせ振りな長回しは、映像が素晴らしく綺麗だと連続しても良いのかも知れません。長回しシーンが連続し、しかもただ人物が普通に歩いているだけなんていうのが連続してしまうと退屈です。
ストーリー的には興味深いのに…もったいない。

物語の根幹となる部室での場面は何故か駆け足のように終わってしまい、真木よう子が映るシーンはやけに長く(ストーリー上の重要性とは関係無く…)、それなのに女性の体が綺麗であったりセクシーであったりという撮影はされていなかった気がしますが…わざとなのかな…。

image

ストーリーもしっかりしていて俳優さんの演技も確かだったので、編集とカメラワークの力不足が目立ってしまったように思います。
音楽の使い方もワンパターンな印象があって折角の映画なのに音を効果的に生かせていなかったのも…残念。

導入部分の登場人物像が徐々に明らかになっていく部分や、当てもなく寒い冬の日本を旅する部分など好きなシーンもあります。このような部分の良さが全編を通じて感じられるようだったら良かったのに…と…。

全体を通してのリズムというか、緩急の付け方については、有名な俳優は長めに映す…みたいに感じてしまいました。

まぁ…真木よう子…好きなので、じっくりと映っていること自体…それほどイヤじゃなかったですけど…。
欲を言えば鈴木杏も…もっと映して欲しかった…(笑)