パピヨン (2017)

心にジンと響く映画でした。

無実の罪で投獄され過酷な離島へ送られたという物語です。

離島では看守長が暴君のごとく振る舞っていて死刑でギロチンの刑に囚人を処することもあります。

しかも囚人全員の目の前でです。

娘のような行為を通じて囚人達を抑圧している状況からどのように脱獄するのかハラハラの連続でした。

但し事実とは異なる部分も多いので実話をアイデアにした物語として考えた方が良さそうです。

ドキュメンタリーと勘違いしないように…。

映画館で観るのも家で観るのもお勧めです。

人間の忍耐力、精神力そして仲間との信頼などイロイロな事が絡み合って心に響いてきました。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。