ザ・ファブル (2019)

アクションの切れ味も良く笑えるシーンも多い日本のアクション映画でした。

始まってスグのアクションシーンはスピーディーな動きとストップモーションやスローそして頭の中での思考を視覚化しての表現が絡み合い素晴らしかったです。

ありがちなアクションシーンの後での感傷的な人情シーンと遅いテンポの眠くなりそうな曲という組み合わせも無く物語のテンポを落とさずに物語が進んで行くのも良い感じです。

音楽と映像のマッチングも文句無し!

主人公の描くイラストが良かったなぁ。

物語後半のアクションシーンも適度に早く細かい部分を描きつつもダレなくて良かったです。

是非、映画館で観ることをお勧めします。

映画館で観る時にはエンドロールの最後まで観てくださいね。

USシネマ木更津で観賞しました。

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。