スノー・ロワイヤル (2019)

チンピラなどはイチコロだし寡黙で真面目で口下手な人を怒らせると怖い…でも観ていてスッキリ!

偶然も重なり地域の複数の麻薬密売組織も絡んできて単純な復讐のはずが徐々に大きな話しになるのに主人公は淡々と普段と同じ。

ドロドロとした感じが無く飄々とした主人公の行動は時に可笑しくみえてしまいます。

ストーリー自体は予測できる範囲で大どんでん返しもありません。でもだからこそ楽しめるのかもしれません。

最近は無理矢理の「驚きの展開」で終わったりキチンと解決せずに終わって泡良くば続編を…というのが伝わって来てしまう映画が多いですからね。

物語自体は明るくないし作り方によっては深刻なトーンの作品にもなったと思うのですがこの映画は何故か観終わって爽快感がありました。

キチンとストーリーを収束させて終わっているのもスッキリ感に繋がっているのだと思います。

映画館で観ても自宅で観ても楽しめる映画です。

それにしてもポスターはちょっと盛り過ぎだな。

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。