空母いぶき (2019)

小学生や中学生の頃に授業中の学習として観せられた映像を思い出しました。

やたらと力の入っている演技、唐突に出てくる長ゼリフ、本当は緊迫感があるはずのシーンも平常時の雰囲気、大きな軍艦に中とは感じられない船内、不要な街の様子の描写、いかにも小さな模型の艦船群、他の方にこの映画の良いポイントを説明するとしたらドコなんだろうと考えてしまう感じでした。

ストーリー全体の流れは映画として成立しそうなのに残念です。

原作は面白いだけにとても残念です。

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。