運び屋 (2018)

真面目な人生を過ごしていても「運び屋」になる事もあり得るなぁ…と思わされる映画でした。

麻薬絡みの話しなのにユッタリしたテンポで話しが進むというか「運び屋」を行う男性の緊迫感の無さがノンビリした感じの老人の行動そのものでした。

作りが丁寧なヒューマンドラマです。

どうしても映画館で観たい…という感じでは無いです。

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。