プリデスティネーション (2014)

ユナイテッドシネマとしまえんで観ました。
タイムトラベル物としてはストーリーは凝ってます。でも、バック・トゥ・ザ・フューチャーのようなワクワク感や爽快感は味わえなかったです。

image

見終わった後に心に残るなんとも切なくそして無力感を覚える感覚は「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」を見終わった時と似ていた気がします。

SFを良く読んでいる人、タイムトラベル関連の映画やドラマを良く見ている人は最初のシーンと、バーの客が話を始めた時に粗筋は分かってしまうでしょう。残りは答え合わせというか、粗筋に対しての詳細を確認する…という感じかな…。

逆にタイムパラドックスやSFに馴染みが無い人にとっては最後まで観ても、結局何なの?…と感じてしまうかも知れないです。

パラドックスとしては面白いけど…タイムトラベルが出来るデバイスを開発し、各種の準備を行う組織は何を目的に行動してるのかということが、全く不明です。

アイデア自体は良いけど…ストーリーの組み立てというか、状況設定が納得出来ないというか、観た後でモヤモヤが残る映画でした。
期待してた程の楽しさは無かったです。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。