2011/02/28 のアーカイブ

西の魔女が死んだ (2008)

Posted in テレビ with tags on 2011/02/28 by Tak-One

テレビ放映を録画して観ました。

2008_西の魔女が死んだ-2会社を出た後で食事に行き飲んでいたのです。 そんなに量を飲んでいなかったせいか…帰宅したときにはある程度は酔いも醒めていました。

お湯を沸かし熱い紅茶を飲んだらすっきりとしたので、録画していた「西の魔女が死んだ」の映画版を観ることにしました。 昨日本を読み終わっていたこともあって…録画していたこの映画が気になっていたのです。

原作とはちょっとタッチが違いますね。 まぁ…原作と映画では制約条件が違うので仕方がないこともあると思います。 車の選択や洋服の好みな若干私が原作からイメージしていたのと違う部分がありました。

文字での表現だとその情景やシチュエーションなどの全てにおいて制約は無いです。 作者の頭に浮かんでいるイメージを文字にどのように落とし込むかが作者の腕にかかっているのです。

だから私の頭に浮かんだイメージが監督のイメージと違っているだけなのかも知れないです。 もしかしたら、私のイメージだけが他の原作を読んだ皆さんのイメージと違うのかも…。

映画化するときには、その原作のイメージをどのように映像化するのかが重要なポイントだと思っています。 原作に比較的忠実に映像化がなされる場合と、映画作成の制約を前提に独自の世界を構築する場合とがあると思っています。

この作品は原作をそのまま映像化したい!という思いが伝わって来ます。 画面画面を切り取ると綺麗で想像していた場面と一致する部分も多いです。 サンクチュアリは私の想像していたのとかなり違う風景でしたけど…。

映画を観ていて気になったのは映画の中でのテンポ感と音楽でした。

テンポがスローになったときにもゆったりとうねるような感じが無くて…勢いが全くなくなって止まってしまうようになることが気になりました。 のんびりとしたなかにもある程度のリズムがあった方が良いように思いました。

音楽で気になったのはその映画のテンポ感とズレているように感じる部分があったり、雰囲気がちょっと違うな…と思うようなところがありました。 ま…これも好みの問題ですが…。

2008_西の魔女が死んだ-1

原題: 西の魔女が死んだ
監督: 長崎俊一
出演: 高橋真悠
出演: サチ・パーカー
出演: りょう
時間: 115分
制作: 2008/日/アスミック・エース・エンターテイメント

多くの台詞や情景は本のままなので、本を読んだ方の多くが満足できる映画になっていると思います。

本を読んでない方が観ても心が癒される映画だと思います。

(2011年2月25日:テレビ放映を録画したものを視聴)

西の魔女が死んだ amazon携帯用
西の魔女が死んだ amazon PC用

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画備忘録